会社案内

会社概要

称 号
株式会社 小滝電機製作所
所在地
設 立
昭和55年1月
名誉会長
伊藤 忠夫
代表者
代表取締役社長   伊藤 春美
管理者
常務取締役工場長  中村 英明
主要取引先
(50音順、敬称略)
アズビル 株式会社
井上電気 株式会社
IDEX Health & Science 株式会社
株式会社 小糸製作所
東プレ 株式会社
東和電機工業 株式会社
株式会社 妙徳
株式会社 RISE 他
主要取引銀行
秋田銀行、みずほ銀行
事業内容
受託設計・受託生産・製品OEM供給・自社製品販売・車載用プリントベースユニット組立
生産カテゴリー
車載製品(サイドターンランプ・ストップランプなどの各種標識灯、冷凍車ユニット)
無線製品(Bluetooth®・2.4GHz無線モジュール)
映像製品(CCDカメラモジュール)
センサー製品(圧力・画像センサー)
自社製品販売(光質センサー・高性能カラーセンサーユニット)
従業員数
184名(2018年2月現在)
工場規模
敷地 11,326㎡ / 建物 5,290㎡(1,600㎡クリーンルーム)

活動拠点

拠点名
静岡事務所
所在地
〒424-0847 静岡県静岡市清水区大坪1丁目9番15号 佐藤ビル1-E
TEL/FAX 054-348-2171
設 立
平成27年7月
管理者
営業部長 田安 和之

沿 革

1961年(昭和36年)
東京都板橋区(現新宿区)に株式会社小滝電機製作所創業・・・ソニーラジオ生産
1974年(昭和49年)
秋田県小坂町に十和田オーディオ(株)設立(中通信工業との吸収合併)
拠点を秋田に移す為、東京の小滝電機製作所の活動は休止
1980年(昭和55年)
秋田県比内町に小滝電機製作所を新たに設立(資本金1,000万円)
1982年(昭和57年)
ソニーTVチューナーの生産を開始
2003年4月(平成15年)
産業機器事業開拓に向け経営体制を変更
カメラモジュール部門設立・・・自社開発カメラモジュール ラインナップ完成
2003年12月(平成15年)
株式会社妙徳:圧力センサー全量移管/材料自社調達開始・・・OEM生産スタート
2004年4月(平成16年)
キヤノン電子株式会社:スキャナー用CPUボード供給開始
2004年12月(平成16年)
株式会社小糸製作所:リアコンビランプ納入開始・・・車載事業へ業態転換
2005年12月(平成17年)
パワーシステム キャパシタ用電源 設計開発/量産実施
2006年11月(平成18年)
新社屋移転 実装 2ライン保有し、一貫生産体制を構築
株式会社イーアールシー:脱気検査装置用CPUボード供給(医療器)
2007年11月(平成19年)
東プレ株式会社:冷凍車温度コントロールボード他 供給開始
2010年10月(平成22年)
秋田県中核企業認定
2011年9月(平成23年)
自社開発無線モジュールラインナップ完成(Bluetooth&2.4GHz通信)
2013年4月(平成25年)
歌舞伎座リニューアルに2.4GHz無線モジュールが採用
2013年5月(平成25年)
トヨタ自動車株式会社:QHB工程監査合格
2014年1月(平成26年)
トヨタ自動車株式会社:QHB工程監査(2回目)合格
アイシン精機株式会社:工程監査合格
2014年4月(平成26年)
クイック光質センサユニット販売開始
2015年7月(平成27年)
静岡事務所開設
株式会社小糸製作所より技術開発賞を受賞
2015年8月(平成27年)
秋田県優良中小企業者表彰受賞
2015年10月(平成27年)
高精度基板作製後穴工法・・・特許取得:第5830637号
2016年1月(平成28年)
工場増築 稼働開始 実装3ライン体制
2017年2月(平成29年)
クイック光質センサユニット・・・実用新案取得:第3209289号
2017年3月(平成29年)
実装ライン追加 4ライン体制
2017年5月(平成29年)
ベトナム技能研修生採用開始・・・年間10名
2017年7月(平成29年)
スズキ自動車株式会社:工程監査合格
2017年12月(平成29年)
経済産業省 地域未来牽引企業に選定
2018年3月(平成30年)
経済産業省選定 「はばたく中小企業・小規模事業者300社」を受賞

車載製品の生産に特化し、独自の品質プログラム「P・D・Esystem」に車載系導入イベントを加え よりいっそう確固たる品質で納品することができるようになりました。
生産に使う専用設備は全て自社で開発する事により、常に品質と効率を向上すべく、生産技術力の許可を進め、お客様が満足できる製品を送り出しています。

ISO認証取得

ISO9001:
2015(品質マネジメントシステム)

登録証明No
JQA-QMA13281
登録範囲
電気機器用(カメラユニット
およびLED搭載基板等)に使用するプリント基板
認証機関
一般財団法人
日本品質保証機構 (略号 JQA)
品質方針
品質方針のダウンロードはこちら(PDF形式:105KB)

ISO14001:
2015(環境マネジメントシステム)

登録証明No
JQA-EM6098
登録範囲
電気機器に使用するプリント
基板の設計開発および
実装組立て
認証機関
一般財団法人
日本品質保証機構 (略号 JQA)
環境方針
環境方針のダウンロードはこちら(PDF形式:120KB)

保有設備

SMTライン設備

ディスクリート挿入機 SmartFAB
クリームはんだ印刷機 Panasonic SPG
自動はんだ印刷検査装置 CKD VP5200L-V
マウンター FUJI AIMEXⅢ
N2リフロー炉 千住金属工業 SNR-1050GT
自動外観検査装置 オムロン VT-S500
工程 メーカー 設備名 台数
ディスクリート挿入機 FUJI SmartFAB 1
ラジアル挿入機 Panasonic RHSG 1
基板クリーナー ユニテク UC-250M-CV 1
基板クリーナー ユニテク UC-460M-CV 2
クリームはんだ印刷機 Panasonic SPG 3
クリームはんだ印刷機 YAMAHA YVP-Xg 1
自動はんだ印刷検査装置 第一実業テクノロジ BPC-707KD+ 1
自動はんだ印刷検査装置 CKD VP3000 1
自動はんだ印刷検査装置 CKD VP5200L-V 2
ディスペンサ Panasonic HDPG3 2
マウンター Panasonic MV2VB 1
マウンター YAMAHA YG200 1
マウンター YAMAHA YV88Xg 1
マウンター Panasonic MPAG3 2
マウンター FUJI AIMEXⅡ 1
マウンター FUJI AIMEXⅢ 2
リフロー炉 タムラ製作所 TAR30-366PH 1
N2リフロー炉 千住金属工業 SNR-825 1
N2リフロー炉 千住金属工業 SNR-1050GT 2
自動外観検査装置 オムロン VT-S500 4
外観検査装置 マランツ M22Xfv-350 1
誤実装防止システム PC TREND ポカノン 4
マスク洗浄機(M枠) サワーコーポレーション SC-A05 1
マスク洗浄機(L枠) サワーコーポレーション SC-AH100-LV 1

組立ライン設備

自動点灯検査装置
はんだ付けロボット
防湿剤自動塗布機
自動カシメ装置
全自動ライン
ヒューマノイドロボット NEXTAGE
工程 メーカー 設備名 台数
はんだ槽(有鉛) 日本電熱計器 LG350SS 1
はんだ槽(鉛フリー) タムラ/セイテック HC33-30S(改) 1
局所はんだ槽(鉛フリー) セイテック STS-2533SJ 5
はんだ付けロボット JAPAN UNIX/IAI 自社製 18
はんだ付けロボット HAKKO/IAI 自社製 13
ヒューマノイドロボット 川田工業 NEXTAGE 2
ICT オカノ電機 ZPC-7000 7
基板分割装置 自社製 切粉吸引型 50
防湿剤自動塗布機 自社製 筆塗布型 14
自動カシメ装置 自社製   42
自動点灯検査装置 自社製 光質センサ内蔵 110
レーザーマーカー SUNX LP-435TU 1
レーザーマーカー SUNX LP-310 1

測定分析設備

3次元測定装置 レーザーCME (自社製)
X線検査装置
工程 メーカー 設備名 台数
3次元測定装置 自社製 レーザーCME 1
X線検査装置 i-Bit FX-300tRX 1
CNC画像測定器 Mitutoyo QV-X404P1L-C 1
画像寸法測定器 KEYENCE IM-7020 1
恒温槽 ESPEC PSL-2F 1

独自技術

画像処理ドリリング装置

特許第5830637号
「位置出し穴付き基板の製造方法および製造装置」

近年、高精度なものづくりが求められており、プリント基板も例外ではなく、 例えば発光体であるLEDは搭載位置が光軸に大きく影響することから高精度な 搭載が求められています。 弊社では複数のLEDの発光体の位置を検出し、全てのLEDの位置精度を満たす 座標を算出し、後から基準穴加工をする工法、及び装置の開発に成功しました。

クイック光質センサ

実用新案登録第3209289号
「光検出装置」

LED発光体の輝度や発光色を検査するため、これまでのセンサでは 直接的に測定できないなどの問題がありました。当社では、LEDの 検査需要の高まりから、高輝度発光体であっても輝度、発光色を即座に、 しかも双方を独立的に測定可能なセンサユニットの完成を目指し 実用化しました。

このページのトップへ